2013年8月2日金曜日

西日本大濠花火大会 撮影

花火の撮影は苦手というか大変です。
なぜならば、撮影ポイントの確保が最も重要だからです。
主役である花火自体は、全国どこで撮ってもほとんど代わり映えしないのですが、重要なのは脇役です。その土地にしかない城や橋、俯瞰の夜景、水面に写る花火などを画面に入れることによって、風情ある写真が撮影できるのではないでしょうか。
そうは言ってもこの暑さ、日の高いうちからの場所取りって、なかなか気合入ってないとできません。
バンバン鳴り出してから、近所の南公園に行ったのですが、人だかりで展望台は入場制限してますし、山の上ホテルの敷地も関係者以外入れず、人の隙間からアップで撮るしかできませんでした。
クラゲみたいですね。
8秒開けてます。
8秒間息止めてもブレは止めれませんよ。
三脚は必要です。
シャッタースピードをかなり遅くしてみました。複数の花火が多重露光のように重なっています。
同時に2箇所から発射されたら賑やかだったでしょうね。



来年は、
うちのマンションの屋上、最高です。
という方 ぜひ、ご招待してください。
ビール持参します!