2013年12月1日日曜日

エプソン フォトフォーラム 2013




エプソン フォトフォーラム 2013が、11月30日(土)に、JR博多シティーで行なわれました。

写真作品を、デジタルデータのままではなく、
自分でプリントして物にする楽しみを体感して
頂こうというイベントです。

プリンター、カメラ、モニター、カラーマッチング機器などの展示や、セミナーに登壇される写真作家の作品展示がありました。

椎原一久氏、吉田繁氏、根本タケシ氏のセミナーがあり,なかでも吉田繁氏のアート市場での評価基準とはどういうものかという話が、印象に残りました。
他人の作品、作風をコピーするだけではなく、
一歩先に進み、独創的な表現を築かなければ、作家としては評価されない。
芸術の世界では当たり前の事ですが、
商業として活用されることの多い写真分野では、見失いがちになるのではないでしょうか。



左の写真は帰りに撮った博多駅のイルミネーションです。かなり明るいので手持ちでも結構いけますよ。